アステラスの高付加価値製剤‘口腔内崩壊錠’ ~「服用のしやすさ」と「取り扱いやすさ」をめざして~

近年、高齢化社会は進み、高齢者に配慮した製剤の必要性が高まってきています。加齢に伴う身体機能の変化は大きく4つ、「識別性の低下」、「嚥下力の低下」、「薬物溶解・吸収性の低下」、「使用性の低下」、に大別され、それぞれにおいて製剤的工夫が望まれています1)
そういった中、高齢者など、人に優しい剤形として口腔内崩壊錠・速崩錠(以下口腔内崩壊錠とする)が開発されてきました。この口腔内崩壊錠は、崩壊性や溶解性を向上させた製剤であり、唾液や少量の水で服用できます。
ここでは、口腔内崩壊錠の基本的知識、薬剤師の先生方からみた口腔内崩壊錠の取り扱い方やアステラス製薬の口腔内崩壊錠技術などを紹介します。

参考文献
1)山口 正彦 月刊薬事 Vol 48 No.9、(2006)


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。