インフルエンザQ&A

Q:65歳未満の成人へのインフルエンザワクチンの接種の考え方と有効性・安全性について教えてください。

A

健康な65歳未満の成人では比較的良好なワクチン効果が得られますので、インフルエンザワクチン接種が推奨されます。この年齢層では、流行株の型、亜型にもよりますが、流行株とワクチン株が一致した場合は60%程度の予防効果が認められます。特に、インフルエンザの重症化リスクをもつ方を介護する人や医療従事者などには接種が推奨されます。また、流行地域への海外旅行前にも接種を検討します。

解説

インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザに罹患した場合の重症化を予防する効果が認められています。特に、次の(1)~(3)のグループはインフルエンザに罹患すると重症化しやすく、接種による便益が大きいと考えられるため、予防接種法に基づく定期接種(B類疾病)の対象とされています。すなわち、(1)65歳以上の方、(2)60~64歳で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方、(3)60~64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方は定期接種の対象者です1)

このように、高齢者ならびに特定の基礎疾患を有する方にはインフルエンザワクチン接種が勧められており、定期接種として受けられますが、実はそれ以外のグループ、すなわち健康な65歳未満の青壮年層においてワクチンの効果が最も高いことが証明されています2)。これまでは65歳未満の健康成人では、ワクチン株と実際に流行したウイルス株とが抗原的に類似している場合、ワクチン接種によりインフルエンザをおよそ70~90%予防できることが過去の無作為化比較試験により示されてきました3-5)。しかし、最近のメタアナリシスでは、その効果は以前より厳しく評価される傾向にあり、流行株の型、亜型にもよりますが、流行株とワクチン株が一致した場合、およそ60%の予防効果や重症化予防効果とされています2, 6-9)。したがって、健康な65歳未満の成人においてももちろんインフルエンザワクチン接種は推奨されます。米国疾病対策センター(CDC)は、健康な65歳未満の成人を含め生後6カ月以上の禁忌のない者すべてに毎年のワクチン接種を推奨しています9)

インフルエンザウイルスは、常に少しずつ抗原性を変えています(抗原の連続変異:antigenic drift)が、その結果としてワクチン株と流行株が一致しない場合は、ワクチンの有効性は低下します。65歳未満の健康成人の中には、医療や介護に従事している人も多いと思われます。特にインフルエンザの重症化リスクをもつ方を治療・看護・介護する人、すなわち医療従事者や高齢者介護施設の職員などは、感染予防の観点からも毎年必ず接種を受けることが推奨されます10)。家庭内でも、高齢者や乳幼児の世話をする人は同様に接種を検討します。また、保育所・幼稚園・学校など子どもが多い福祉・教育施設などの職員にも、毎年のインフルエンザワクチン接種が勧められています11)

65歳未満の成人の場合、海外旅行時にワクチン接種を検討されることもあると思います。海外旅行時のインフルエンザワクチンについては、季節と旅行先を考慮して検討する必要があります12)。南半球の温帯地域では4月から9月頃にインフルエンザが流行しますし、赤道周辺の熱帯地域では通年性にインフルエンザがみられます13)。ワクチンによる感染防御効果の持続期間が接種後約2週間後から約5カ月14)であることを考慮すると、これらの地域に旅行する場合、少なくとも出発前2週間までにそのシーズンのインフルエンザワクチンを接種することを検討します。特に、インフルエンザの合併症のリスクをもつ方には接種が推奨されます。また、交通手段の一例として、大人数を乗せた大型客船で流行地域を周遊旅行する場合は、インフルエンザ感染のリスクが高いとされています15)ので接種を検討します。

インフルエンザワクチンの副反応として、厚生労働省によると、発赤、腫脹、疼痛などの局所症状が10~20%、発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの全身症状が5~10%にみられますが、通常2~3日で消失します。まれにショック、アナフィラキシーがみられるので、接種後30分間程度は接種した医療機関内で安静にすることが推奨されます1)。そのほか、ギラン・バレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎などの報告もありますが、因果関係が明らかでないものもあります。結論として、接種不適当者(ワクチンの成分によって過去にアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者など)以外の65歳未満の成人に対しても、インフルエンザワクチン接種は推奨されます。

なお、インフルエンザワクチンの接種不適当者には、「インフルエンザの定期接種で、接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者」が該当しますが、これは任意接種では該当しませんのでご注意ください14)

本稿執筆時点で、国民に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が大規模に進められていますが、インフルエンザワクチン接種がなおざりになるようなことがあってはなりません。2020/2021シーズンは、わが国ではインフルエンザがほとんど流行しませんでしたが、2021/2022シーズンも流行しないとは限りません。特に、COVID-19の流行が収束していない状況でインフルエンザの流行が始まると、診療上混乱をきたし、また、合併感染により重症化の可能性もあります。インフルエンザワクチンも流行シーズンが始まる前にぜひ接種を受けていただくよう、一般の方々への啓発が必要です。

(川名 明彦)

文献

1)厚生労働省: インフルエンザQ&A. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html(アクセス2021年4月20日現在)

2)Flannery B, et al.: MMWR. 63(7): 137-142, 2014.
http://www.cdc.gov/mmwr/pdf/wk/mm6307.pdf(アクセス2021年4月20日現在)

3)CDC: MMWR Recomm Rep. 62(RR-07): 1-43, 2013.
http://www.cdc.gov/mmwr/pdf/rr/rr6207.pdf(アクセス2021年4月20日現在)

4)Nichol KL, et al.: N Engl J Med. 333(14): 889-893, 1995.

5)Bridges CB, et al.: JAMA. 284(13): 1655-1663, 2000.

6)Osterholm MT, et al.: Lancet Infect Dis. 12(1): 36-44, 2012.

7)Grijalva CG, et al.: JAMA. 314(14): 1488-1497, 2015.

8)CDC: Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness Studies.
https://www.cdc.gov/flu/vaccines-work/effectiveness-studies.htm(アクセス2021年4月20日現在)

9)CDC: Vaccine Effectiveness: How Well Do the Flu Vaccines Work?
https://www.cdc.gov/flu/vaccines-work/vaccineeffect.htm(アクセス2021年4月20日現在)

10)厚生労働省: 高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版. 2019年3月.
https://www.mhlw.go.jp/content/000500646.pdf(アクセス2021年4月20日現在)

11)厚生労働省: 保育所における感染症対策ガイドライン(2018年改訂版). 2018年3月.
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf(アクセス2021年4月20日現在)

12)Virk A, et al.: Adult immunization. Travel Medicine. p.87-122, Mosby, 2005.

13)Leder K, et al.: Clin Infect Dis. 36(4): 399-406, 2003.

14)予防接種ガイドライン等検討委員会: インフルエンザ・肺炎球菌感染症(B類疾病)予防接種ガイドライン2020年度版. 公益財団法人予防接種リサーチセンター. 2020.

15)CDC: Guidance for Cruise Ships on Influenza-like Illness (ILI) Management.
https://www.cdc.gov/quarantine/cruise/management/guidance-cruise-ships-influenza-updated.html(アクセス2021年7月1日現在)


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。