Expert Interview

Expert Interview Vol.7

イベニティは2019年3月に発売され2年が経過し、骨折の危険性の高い骨粗鬆症患者の治療選択肢の1つとして位置づけされるようになりました。
同年9月の添付文書の改訂では、虚血性心疾患または脳血管障害に関する警告が追加され、イベニティ投与を検討いただく際に、心血管系事象を懸念される先生方もいらっしゃると思います。
一般的な報告として、閉経およびそれに伴う骨粗鬆症と心血管系事象との間には密接な関連があることがいわれており1~3)、今回はイベニティと心血管系事象に関する情報、そしてそれらを踏まえたうえで、イベニティを選択する際の注意事項についてご紹介いただきました。
1)Kannel WB, et al:Ann Intern Med 85:447, 1976
2)鄭 忠和ほか:Circulation Journal 74, Suppl. II:1085, 2010(循環器領域における性差医療に関するガイドライン)
3)Tankó LB, et al:J Bone Miner Res 20:1912, 2005[R-08380/ROM00439]

(2021年11月)

Time 11:16


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。