イベニティ®皮下注105mgシリンジ 適正使用(投与終了後の逐次療法)に関するお願い

関連する製品情報

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

ヒト化抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤「イベニティ®皮下注105mgシリンジ」[一般名:ロモソズマブ(遺伝子組換え)]をご処方いただいた患者様におかれましては、12か月投与終了後には必ず適切な骨吸収抑制薬等の骨粗鬆症薬による治療を継続していただきますようお願いいたします。

2020年5月
アステラス製薬株式会社

イベニティ®皮下注105mgシリンジ添付文書より

〈用法・用量に関連する使用上の注意〉
本剤投与終了後に原則として適切な骨粗鬆症薬による治療を継続すること。

2. 重要な基本的注意
(5)本剤による投与終了後、骨吸収が一過性に亢進したことから、本剤の治療を終了又は中止する場合には、本剤治療終了後又は中止後に骨吸収抑制薬の使用を考慮すること。

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。