VIVA! ORTHO

Column ちょっと一服 クリニックで役立つデッサン教室 第9回 肘関節を描く

東京造形大学彫刻専攻領域 非常勤講師 阿久津 裕彦

今回は、見た目より多機能な肘の骨格と筋を描きます。

肘は特色ある関節です。肘の曲げ伸ばしに加えて、手を翻す動きも肘からはじまります。手は手首というよりむしろ肘からはじまっているのです。肘は姿勢ごとに見え方の変化が大きい部位ですが、骨と筋の位置関係を意識することで理解が容易になります。

肘の骨格 ~3本の骨が出会うところ~

肘は、一般的には腕の折れ曲がる部分とだけ認識されています。骨をみると、肘上には1本の上腕骨が、肘下の前腕には2本の骨、尺骨と橈骨があります。前腕の2本の骨はそれぞれ異なる働きを担っています。尺骨は上腕骨としっかり連結して、肘の曲げ伸ばしだけを行います。一方の橈骨は手としっかり連結して(図1A)、手首の曲げ伸ばし(“おいでおいで”)と若干の横曲げ(“ばいばい”)を行います。

図1

図1

橈骨はさらに、その長軸で尺骨の周りを回旋して手を翻します(図1B)。掌を伏せた回内位では、橈骨は尺骨の上をまたぐようにして交叉します。この回旋は、肘の曲げ伸ばしの影響を受けずに行えます。

肘を曲げると角張って現れる尺骨の肘頭には、肘を伸ばす筋がついています。このときの外見は、上腕骨の内外側の出っ張りと肘頭の3点がつくる三角形を捉えましょう(図2)。

図2

図2

肘の筋 ~曲げ伸ばしの筋と橈骨を回す筋がひしめく~

肘の周囲には、肘の曲げ伸ばしをする筋と、橈骨を回旋させる筋、そして手と指を動かす筋が集まっています。筋が集中するので、前腕の肘側は太くなります。この筋を肘の前後、屈側と伸側で分けてみましょう。

肘の屈側は、3つの筋の束が集まっています(図3A)。肘の上には上腕から来る屈筋(赤)、肘の内側には手指の屈筋(紫)、そして外側には手指の伸筋(水色)です。手指の伸筋の一部は、肘上から肘を通り過ぎて手首へ向かいます。これは肘の外側の輪郭をつくるので重要です。また、屈側からみた肘の内側には、上腕骨の出っ張り(内側上顆;図3の三角)が目立ち、肘内側の輪郭を際立たせています。

肘の伸側は、尺骨の肘頭とそこから手首へと続く溝が特徴です(図3B)。この溝を境界として筋の作用(屈曲・伸展)が変わります。また、伸側からみた肘では、上腕骨の外側上顆に気を配りましょう(図3BCの赤丸)。外側上顆は伸ばした肘ではくぼんでいますが、曲げた肘では出っ張るので特徴的です(図3C)。これは肘を伸ばした時はすぐ隣にある筋(腕橈骨筋)が、肘を曲げると遠ざかるためです。

図3

(2021年1月)

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。