ACSにおけるハイリスク患者の特徴とは?

ACSにおけるハイリスク患者の特徴とは?

Culprit lesionに対してPerfusion Balloonで治療し2枝の残存病変に至適薬物療法を施行したNSTEMI症例
監修:名古屋掖済会病院 循環器科 津田 卓眞 先生

本コンテンツでは、ACSにおいて特に二次予防に向けた厳格な管理が必要となるハイリスク患者の中でも、Culprit lesionに対してPerfusion Balloonで治療し2枝の残存病変に至適薬物療法を施行したNSTEMI症例について名古屋掖済会病院の津田先生に解説いただきました。

(2023年9月)

Time 5:10


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

ご利用にはアステラスメディカルネット利用規約への同意が必要です。
ご同意頂ける場合は以下の該当ボタンをクリックしてお進み下さい。

本サイトでは、利便性向上、利用履歴の収集・集計のためCookieを利用してアクセスデータを取得しています。
詳しくは利用規約をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。