製剤・包装から見たリスクマネジメント ─アステラス製薬の取り組み─

最近しばしばマスメディアでも報道される医療過誤におけるヒヤリ・ハット事例のなかで注射剤を含む薬剤による医療過誤の発生は、場合によっては重大な結果を招く恐れがあります。そのため、製薬企業にとっては、医療過誤防止のために薬剤のラベル表示、剤型の工夫、包装・容器の工夫などが不可欠となっています。そこで、アステラス製薬は、医薬品包装におけるリスクマネジメントという観点から医療過誤防止への取り組みを5回に分けて紹介したいと思います。  


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。