研修医のための鑑別診断トレーニング4

監修医:諏訪中央病院 総合内科 山中 克郎 先生

【プロフィール】
1985年名古屋大学医学部卒業、名古屋掖済会病院 研修医。
1989年よりバージニア・メイソン研究所(米国シアトル)研究員となる。
1993年に帰国後、名城病院内科、国立名古屋病院 血液内科を経て、1999年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)一般内科に留学する。
この時に”診断の神様”ローレンス・ティアニー教授に出会い総合診療に目覚める。
2000年に帰国後、名古屋医療センター総合診療科、藤田保健衛生大学 一般内科/救急総合診療部を経て、2010年10月藤田保健衛生大学 救急総合内科 教授に就任、2014年12月より現職。

鑑別診断トレーニング動画の流れ
的確な「鑑別診断」を行うには何が必要でしょうか。
患者さんの病歴や症状を踏まえ、「攻める問診」で根拠となる症状の有無を明らかにしていくことが重要です。
さらに鑑別診断をより確実にするため特異的な身体所見を見つけにいく「攻める診察」も大切です。
この動画では、神経疾患における「攻める問診」から「攻める診察」までをロールプレイング形式でご体感いただけます。

(2018年3月作成)

プロローグ

1分30秒

ケース1:左手に違和感

朝7時半に起床後、左手が普段通り動かず、うまく話せないことに気づきかかりつけ医に連絡。
下肢異常・頭痛・呂律不良なし。来院時に問診票の左側に書かれた氏名欄が読めず、名前を書くことが出来なかった。

30分36秒

ケース2:寝室で転倒

夜9時頃、日本酒を飲み始めて台所のマットに引っかかり転倒。
しばらくしてパジャマの片足に両足をいれて転倒。身体を強打したが酔いが回りそのまま就寝。翌朝起床時に右胸痛があり救急要請。

42分27秒

研修医のみなさまへ

1分35秒


関連ページ

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。