トランコロンの製品Q&A

製品Q&Aご利用にあたってのご注意

製品Q&Aは、医療従事者からのよくある質問とその回答をまとめた弊社製品に関するお問い合わせの情報提供サイトです。

回答は、先生のご質問への回答を目的として提供されるものであり、第三者への公開(学会発表、書籍や雑誌への投稿、Webサイトへの公開等)はお控えください。
本回答は参考としてご利用いただき、医療行為におけるご判断は、医療従事者の裁量と責任のもとに行っていただきますようお願い致します。

保険査定基準に関しては、弊社としてはお答えしかねます。
各地域の審査支払機関(国保連合会・支払基金など)にご確認ください。
回答で記載されている他社製品の情報の詳細につきましては、販売元にお問い合わせください。

製品のご使用にあたっては、その製品の最新の添付文書をご確認ください。
その製品に関してご不明な点がございましたら、弊社メディカルインフォメーションセンターにお問い合わせください。

また、製品Q&Aを利用することを通じて、先生が当社に提供される情報(先生からのご質問、ご意見、ご提案などを含みます)については、先生の個人情報(取扱いについては別途個人情報の取扱いについて規定しておりますのでご参照ください)を除き、機密の取扱いをしておりません。また、弊社は、個人情報を除いた当該情報をいかなる目的にも無償で自由に利用できるものとします。

なお、製品Q&Aのご利用にあたっては、上記の注意事項に加えて、利用規約に定める利用条件をお守りください。

カテゴリから探す

製品基本情報

トランコロンPの効能又は効果を教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【効能・効果】
過敏大腸症(イリタブルコロン)

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの用法及び用量を教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【用法・用量】
通常成人1回2錠を1日3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの禁忌の患者を教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【禁忌(次の患者には投与しないこと)】
(1)閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある。]
(2)前立腺肥大による排尿障害のある患者[排尿筋の弛緩と膀胱括約筋の収縮を起こし、排尿障害を悪化させるおそれがある。]
(3)重篤な心疾患のある患者[心臓の運動を促進させ、症状を悪化させるおそれがある。]
(4)麻痺性イレウスのある患者[消化管運動を低下させるため、症状を悪化させるおそれがある。]
(5)本剤又はバルビツール酸系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
(6)急性間欠性ポルフィリン症のある患者[ポルフィリン合成を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
(7)ボリコナゾール、タダラフィル(肺高血圧症を適応とする場合)、アスナプレビル、ダクラタスビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル、マシテンタン、エルバスビル、グラゾプレビル、チカグレロル、ドラビリン、リルピビリン、リルピビリン・テノホビル ジソプロキシル・エムトリシタビン、ドルテグラビル・リルピビリン、リルピビリン・テノホビル アラフェナミド・エムトリシタビン、ダルナビル・コビシスタット、アルテメテル・ルメファントリン、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビン・テノホビル ジソプロキシル、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド、ダルナビル・コビシスタット・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド、ビクテグラビル・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド、ソホスブビル・べルパタスビルを投与中の患者

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの作用機序を教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【薬効薬理】
1.メペンゾラート臭化物
生体位消化管の自動運動抑制作用及び攣縮緩解作用、腸管輸送能に対する作用、あるいは胃・大腸反射に対する作用等についての基礎実験結果から、メペンゾラート臭化物の鎮痙作用は上部消化管に対するより、下部消化管により強くあらわれることが確認されている。
2.フェノバルビタール
長時間型のバルビツール酸系薬剤で少量投与により軽い鎮静効果をあらわすことが知られている。

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

特定の背景を有する患者

トランコロンPの腎機能障害患者への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
(12)肝・腎障害のある患者[これらの症状の悪化、また、本剤中に含まれるフェノバルビタールの血中濃度上昇のおそれがある。]

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの肝機能障害患者への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
(12)肝・腎障害のある患者[これらの症状の悪化、また、本剤中に含まれるフェノバルビタールの血中濃度上昇のおそれがある。]

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの妊婦への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与 
(1)妊婦等:
1)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には本剤を投与しないことが望ましい。[本剤中に含まれるフェノバルビタールを妊娠中に投与された患者の中に、奇形を有する児(口唇裂、口蓋裂、心奇形、大動脈縮窄症等)を出産した例が多いとの疫学的調査報告がある。]
2)本剤中に含まれるフェノバルビタールを妊娠中に投与することにより、新生児に出血傾向、呼吸抑制等を起こすことがある。
3)本剤中に含まれるフェノバルビタールを分娩前に連用した場合、出産後新生児に離脱症状(多動、振戦、反射亢進、過緊張等)があらわれることがある。
4)本剤中に含まれるフェノバルビタールを妊娠中に投与することにより、葉酸低下が生じるとの報告がある。

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの授乳婦への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与 
(2)授乳婦:授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせること。[本剤中に含まれるフェノバルビタールが母乳中へ移行し、新生児、乳児に傾眠、哺乳量低下を起こすことがある。]

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンPの小児等への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
7.小児等への投与
小児等に対する有効性及び安全性は確立していない。(使用経験が少ない。)

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンP配合錠の高齢者への投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
(8)高齢者

5.高齢者への投与
一般に高齢者では抗コリン作用による視調節障害、口渇、排尿障害等が、また、本剤中に含まれるフェノバルビタールによる呼吸抑制、興奮、抑うつ、錯乱等があらわれやすいので、少量から投与を開始するなど慎重に投与すること。

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

安全性

トランコロンP配合錠の副作用について教えてください

副作用の情報はこちらをご参照ください。
本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンP配合錠の過量投与について教えてください

添付文書の記載は以下のとおりです。
(2020年9月改訂(第21版))

【使用上の注意】
8.過量投与
症状:本剤中に含まれるフェノバルビタールの作用として中枢神経系及び心血管系抑制。血中濃度40~45μg/mL以上で眠気、眼振、運動失調が起こり、重症の中毒では昏睡状態となる。呼吸は早期より抑制され、脈拍は弱く、皮膚には冷汗があり、体温は下降する。肺の合併症や腎障害の危険性もある。
メペンゾラート臭化物では、過量投与の報告はない。
処置:呼吸管理。消化管に薬物が残留している場合は催吐、胃洗浄、活性炭投与を行う。
また、炭酸水素ナトリウム投与による尿アルカリ化、利尿剤投与によりフェノバルビタールの排泄を促進させる。重症の場合は血液透析や血液灌流を考慮すること。
メペンゾラート臭化物の抗コリン作用に対してはネオスチグミン等を静脈内投与する。

本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

トランコロンP配合錠との併用に注意が必要な薬剤を教えてください

相互作用の情報はこちらをご参照ください。
本ページ下部にある「その他のQ&Aを探す」をご利用いただくと、より詳しい情報が得られる場合があります。

その他のQ&Aを探す

条件に一致するコンテンツが見つかりませんでした。

ブックマークしたQ&A


製品に関するお問い合わせ

WEBによるお問い合わせ

Webによるお問い合わせにつきましては、お問い合わせの内容により弊社電話受付時間内に電話することがございます。
電話番号のご記入をお願いいたします。

次の画面にて、製品名、問い合わせ内容等を入力してください。

お電話によるお問合せ

アステラス製薬メディカルインフォメーションセンター

0120 - 189 - 371
(受付時間:月曜〜金曜日 9:00-17:30)

メディカルインフォメーションセンターでは、お問い合わせ内容を正確に聞き取るため、また回答の質の維持・向上のため、通話を録音させて頂いております。あらかじめご了承ください。
障害などで電話が切れてしまった場合に折り返しご連絡できるよう電話番号通知をお願いします。 非通知設定の場合、ダイヤルの前に「186」をつけておかけください。 ご提供情報の追加・修正などへの対応のため、ご連絡先などをご確認させていただきます。

夜間休日の緊急のお問い合わせ

メディカルインフォメーションセンター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ 

夜間休日の緊急のお問い合わせ:日本中毒情報センター アステラス製薬受付

0120 - 552 - 934
(受付時間:月曜~金曜日17:30~翌9:00 及び 土日・祝日・会社休日)

内容によりましては、ご期待に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

アステラス製薬株式会社の医療関係者向け情報サイトに​アクセスいただき、ありがとうございます。​

本サイト(Astellas Medical Net)は、日本国内の医療提供施設にご勤務されている医療従事者を
対象としています。該当されない方はご登録・ご利用いただけませんので、予めご了承ください。

アステラスの企業サイトをご利用の方はこちらからご覧ください。 

会員の方

会員登録されていない方

医療従事者の方は、会員限定コンテンツを除いたアステラスメディカルネットサイトの一部をご覧いただけます。
会員登録すると、製品に関する詳細な情報や領域ごとの最新情報など、会員限定のコンテンツが閲覧できます。

会員向けコンテンツをご利用の方

会員になると以下のコンテンツ、サイト機能をご利用いただけます。 

会員限定コンテンツの閲覧

ニュースや読み物、動画やWEBセミナーなど、
日々役立つ豊富な情報が閲覧可能になります。

情報収集サポート機能の利用

ブックマークやWEBセミナー予約など、手軽に、
効率的に情報を収集・共有いただける機能を
ご利用いただけます。